はたひら歯科HP
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

はたひら歯科

〒537-0013
大阪市東成区大今里南2-7-16
片江小学校正門向かいの歯医者です
(TEL)06-6973-8217
保険のかぶせもの(大臼歯)
0
    虫歯が大きく、詰め物で対応できない場合は「かぶせもの」で対応します。(歯科用語でクラウン=冠といいます。) 保険の場合、使える材質は決まっていて、大人の歯の場合はほぼ金銀パラジウム合金となります。(乳歯の場合はやわらかい銀合金を使用します。かつてはニッケル冠なども使われましたが、現在ではほとんど使われていないと思います。) かぶせもの 材質的には金合金が望ましいと私は思うのですが、保険では保険で決められた材料で作成することが決められています。現在の日本の保険医療制度内でベストをつくすなら12%金配合の金銀パラジウム合金となります。 かぶせもの セット時の自己負担金は3割負担で3000円弱程度です。
    | 補綴 | 08:07 | comments(0) | - | - |
    部分入れ歯の一例(大臼歯2本欠損)
    0
      残念ながら歯が無くなってしまった場合の補綴(歯を補う)方法として、部分入れ歯があります。 部分入れ歯の例 若い方は特に「入れ歯」 と言われても、総入れ歯以外は全く想像ができないことも多いように思います。 ここに写真を出させていただいたのは、大臼歯2本が無くなった方の部分入れ歯です。 この場合は無くなった歯の手前と、反対側の歯にバネのような支えをかけて入れ歯を保持させます。(この例ではその「引掛け」のあいだは金属で作っていますが、プラスチックの一種の、レジンで作る場合もあります。) そして歯の無くなった部分にの歯肉に、人工の歯肉(レジン製)と人工の歯を「載せる」わけです。 残念ながら、なかなかご自分の歯のように、とはいきませんが、コレを使っていただかないと、歯のバランスが悪くなって隣の歯が倒れてきたり、噛む相手の歯が伸びてきたりしますし、なにより噛むバランスが崩れてしまいます。
      | 補綴 | 08:59 | comments(0) | - | - |
      部分入れ歯の手入れ
      0
        先日、部分入れ歯の一例をお見せしましたが、本日はその入れ歯のお手入れについてエントリしたいと思います。 入れ歯の引掛け 部分入れ歯はお口に入れるものですから、清潔にしていただかなければなりません。 特に部分入れ歯は、歯に乗せる引掛けの部分(クラスプといいます)が複雑な形をしていますので、ここに汚れが溜まらないようにしっかりと掃除をしていただきたいのです。 具体的には、入れ歯用のブラシ(専用のものもありますが、通常お使いの歯ブラシでも結構です)でしっかりと汚れをとって下さい。このとき、洗剤などを使われても結構ですが、ハミガキ粉やクレンザーなど研磨作用の強いものは、プラスチック部分(レジン部分)に傷がついてしまいますので、使わないで下さい。 しっかりと汚れを落とすようにマメに磨いて頂くので、水だけでも結構かと思います。 夜は地震などの緊急時にすぐに持ち出せるように、枕元などわかりやすいところに防水タッパーなどに入れておいていただければ結構かと思います。 数日ごとに入れ歯の洗浄剤を使っていただくとよろしいかと思います。
        | 補綴 | 08:59 | comments(0) | - | - |
        コア(土台)の上に被せ物をつくります!出来上がりではありません!
        0
          かぶせもの 以前に保険の被せ物をご紹介させていただきましたが、歯の崩壊がひどい場合、そのまま作成というわけにはいきません。 根管治療という治療(この治療については後日説明させていただきます)を行ったあとに被せ物を作成する場合などには、コア(土台)を作成して被せ物をつくります。 core-01 歯の崩壊がひどい場合、この「残った歯に被せる」のは難しくなります。 根が残っている場合には、根にコア(土台)を建てて、その上に被せを作ることになります。 core-02 根にあいた管である根管を利用して、金属などでコアを作成します。 メタルコア コアをセットし、この上に被せ物をつくります。 コアの状態はあくまで「土台」ですので、前後の歯、かみ合わせの歯の間には空隙をあけてあります。 決して完成ではありません! 「銀色のが入ったから終わりやと思った」と言われることがたまにあるのですが、被せ物をセットして完成ですので、まだ治療は途中でかむことはできませんし、この状態で放置しておくと象牙質が露出しているところもあり、非常に虫歯のリスクが高く危険です。 このあたり、よくお話を聞いて欲しい…と思うところです。
          | 補綴 | 08:59 | comments(0) | - | - |
          インレー形成の動画をYoutubeにUPしました
          0
            インレー(詰め物)を作るときの形成(虫歯を除去して形を整える)をYoutubeにUPしました。ご覧頂けると幸いです。
            | 補綴 | 08:59 | comments(0) | - | - |