はたひら歯科HP
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

はたひら歯科

〒537-0013
大阪市東成区大今里南2-7-16
片江小学校正門向かいの歯医者です
(TEL)06-6973-8217
寝たきりなどで通院できなくなったら訪問歯科診療
0
    ご家族が寝たきりなどで歯医者にいけなくなった、、、

    こういうときは、ご自宅や病院、施設でも訪問歯科診療を受けられます!

    お困りの際は是非ご相談ください。

    お近くの方ならば、通院歴がなくとも当院にご相談いただければ相談に乗りますし、
    遠方の方は地区歯科医師会にご相談ください!
     

    〒537-0013 大阪市東成区大今里南2-7-16
    はたひら歯科
    Tel:06-6973-8217
    診療時間 月火水金:0930~1230,1500~1930
    木土:0930~1230
    日祝休診
    | 訪問歯科診療 | 10:44 | comments(0) | - | - |
    訪問衛生指導のお値段
    0
      以前に訪問衛生指導についての エントリをいたしました。   本日、QOL向上のために 訪問衛生指導をした方が良さそうだな… という方にオススメしたところ 「月4回も来てもらったら高いのでは??」 との疑問をいただきました。   実はこれは 医療保険か、介護保険か、 居宅か施設入居か で自己負担金は異なるのです。     訪問衛生指導に限らず、 保険は改訂も多く、 自己負担金の変更は よくありますので、 自己負担金含めて、疑問があれば その時に聞いていただければ… と思います。       ちなみに その方は施設入居で 介護保険をお持ちでしたので、 1回300円、 月4回実施で1200円でした。
      | 訪問歯科診療 | 10:09 | comments(0) | - | - |
      訪問歯科衛生指導
      0
        訪問歯科診のページでご案内させていただいているように高齢な方や、お体の不自由な方、寝たきりや歩行困難な方など歯科医院への通院が出来ない方を対象に、訪問歯科診療、訪問歯科衛生指導を行っています。 訪問歯科衛生指導とは お口の中を清潔にたもつことで 虫歯,歯槽膿漏など口腔疾患の予防、そして特にご高齢の方には誤嚥性肺炎の予防などの効果があります。 それによって生活の質(QOL)の向上を達成することができます。 しかし、寝たきりの方などは歯ミガキなど十分に行えないことが多く、ご自分ではお口を清潔に保つことが難しいのが現状です。 QOLの向上のためには介護者による歯ミガキなどの補助と同時に、私たち歯科医療職の行う専門的な口腔ケアが必要になります。 訪問歯科衛生指導とは、口腔ケアを専門に行う歯科衛生士が、患者さん本人やご家族、施設職員の方々に口腔衛生指導を行い、お口のなかを清潔にさせていただくお手伝いをさせていただきます。 はたひら歯科06-6973-8217までお電話ください。 訪問診療可能な地域は東成区、生野区など診療所近辺です。 〒537-0013 大阪府大阪市東成区大今里南2-7-16 東成区 片江小学校正門前
        大きな地図で見る
        | 訪問歯科診療 | 08:59 | comments(0) | - | - |
        口腔ケアは歯科治療と一体
        0
          口腔ケアはQOL (生活、生き方の質) を高めるためだけでなく、 肺炎などの呼吸器疾患予防 にもとても重要です。 寝たきりの方など、 口腔環境が悪くなりやすい方、 体力のない方にこそ、 必要と考えます。   訪問歯科診療で 口腔ケアも行なっておりますので、 「そういえばしばらく歯科に行っていない」と いう方、 ご家族の方、 ぜひ一度ご相談下さい。
          「口腔ケアは歯科治療と一体化」 日歯、現時点での見解まとめる 第10回理事会が12月16日、歯科医師会館で開催され、 多職種連携における歯科医師、歯科衛生士が行う 口腔ケアに係る現時点での見解を決定した。 見解では、「歯科治療と一体化」した 歯科医師、歯科衛生士が行う口腔ケアは、 口腔の形態・機能の回復を含めた 総合的な歯科医学・医療の観点から実施されることが 特徴であり、こうした行為は、 「歯科医師及びその指示を受けた歯科衛生士が行う 歯科医行為に該当する」と指摘。 また、効果的に口腔ケアを提供していくためには、 歯科医師、あるいは歯科医師と歯科衛生士がともに 参画する必要があることを主張した。 口腔ケアを実効あるものとして定着させていくためには、 医療関係者の口腔ケアに対する理解を深め、 効果的な役割分担と連携を促進していくことが 「不可欠」と説いた。
          | 訪問歯科診療 | 08:59 | comments(0) | - | - |