はたひら歯科HP
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

はたひら歯科

〒537-0013
大阪市東成区大今里南2-7-16
片江小学校正門向かいの歯医者です
(TEL)06-6973-8217
大阪市歯周疾患検診チラシ作成しました
0
    表題のように大阪市歯周疾患検診のチラシを作成しました。 今週半ばには東成区歯科医師会会員医院に配布しますので、お目にすることがあるかもしれません。これを機に大阪市歯周疾患検診が周知され、市民の健康の一助になれば望外の喜びです。 H22大阪市歯周疾患検診チラシ
    | 歯周病 | 06:05 | comments(0) | - | - |
    大阪市歯周疾患検診(無料)を受けましょう
    0
      大阪市では40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70歳、75歳の方を対象に、歯周疾患検診を実施しています。(無料) 歯周疾患は、かつて歯槽膿漏と呼ばれていたはぐきの病気で、自覚症状があまり無いうちにゆっくりと進行していきます。現在では歯周病と呼んでおり、歯と歯肉の境目にたまったプラーク(=歯垢、細菌のかたまり)によって歯肉に炎症が起こり、出血や腫れなどが起こる病気です。進行すれば歯を失う原因にもなります。 現在、30歳以上の8割の方で歯周病の症状がみられ、歯周病は全身の病気との関係が深く、糖尿病などとも密接に関連しています。 ずっと自分の歯でおいしく食べるためにもこの歯周疾患検診でご自身の歯、歯ぐきの状態を確認しましょう。 対象者   大阪市民で、昭和10年、15年、20年、25年、30年、35年、40年、45年生まれの方 料金    無料 お電話で「大阪市歯周疾患検診」と申し込みください。 内容    問診、口腔内診査(※治療は含まれません) (実施期間 H22.4.1〜H23.3.31)
      | 歯周病 | 02:05 | comments(0) | - | - |
      歯石は歯ブラシでは取れません
      0
        一作日プラーク/歯垢はうがいでは取れませんとエントリさせていただきました。 このプラーク/歯垢が長らく口の中にとどまればどうなるでしょう? 唾液の中などのカルシウム等を取り込み、石のように固く固くなってしまうのです。これを歯石といいます。 この歯石はかなり硬いので、歯ブラシ等で自分で除去するのは無理で、歯科医院で除去する必要があります。 なかには歯と歯の間が埋まるまで歯石がいっぱいになっておられる方もおられます。歯石を除去して「歯が小さくなった!」と言われる方もおられるのですが、それは歯の周りにあたかも歯と間違えるほど固く歯石が付いていたからに他ならないのです。 歯石は除去しないでほうっておくと、漁礁のように細菌の塊=プラークをさらに集め、どんどん大きく、ポケットの中深く入っていくのです。これで歯周病が進行してしまうのです。
        | 歯周病 | 08:59 | comments(0) | - | - |
        歯周病で抜歯せざるを得なかった歯の写真
        0
          昨日、歯石は歯ブラシでは取れませんでエントリしたように歯石は除去しないでほうっておくと、漁礁のように細菌の塊=プラークをさらに集め、どんどん大きく、ポケットの中深く入っていくのです。これで歯周病が進行してしまうのです。 歯石についたプラークは細菌の塊ですから、これが歯と歯茎の間の歯周ポケットの中の方へ入っていくと、歯の根の周りの骨がドンドン溶け出していきます。 歯周病が進むと、最終的には残念ながら抜歯に至る場合もあります。 この写真は歯周病で抜歯せざるを得なかった歯の写真です。 歯周病で抜歯せざるを得なかった歯 黒い歯石が歯の根の先まで取り巻いているのがおわかりでしょうか。 この状況は歯の埋まっている根の先の部分までバイキンの塊のプラークと、その固まったものである歯石が取り巻いている状況です。残念ながら、こうなってしまっては身体のためにも抜歯 をしたほうが良いです。 こうなる前に歯周病の治療、予防をすることが大事なのです。
          | 歯周病 | 08:59 | comments(0) | - | - |