はたひら歯科HP
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

はたひら歯科

〒537-0013
大阪市東成区大今里南2-7-16
片江小学校正門向かいの歯医者です
(TEL)06-6973-8217
<< 家内がヨガ教室を始めました | main | 特定疾患医療費の援助制度 >>
1ヶ月100冊読書
0
    本日は趣味のお話です。
    私は読書家と言うほどにはキッチリ本を読むわけではないのですが、読書は趣味の一つです。 先日から、日垣隆さんという作家さんとご縁があって、そのファンの方々と読書会を何度か行っています。 その場で、名古屋地方の方が 「日垣さんに月に100冊本を読みなさい、 それが1年10年と経つととてつもない差になってくるから、 と言われたんです。 でもね、読めないんです。 そこである時、月に100冊も読めません日垣さん、と言ったことがあるんです。 するとね、日垣さんに『ああ君は読む気がないんだね』と言われたんです。」 というエピソードを披露されました。 その方は、今ではコンスタントに月100冊づつ読書をしているそうです。 … 確かに、日に一冊読むか読まないかの私と、 その方の1年後、10年後の読書経験は、 雲泥の差とになるでしょう。 また、読めるか読めないか、ではなく、日垣さんの仰るように「気があるかどうか」なのかもしれません。 そこで、このお話を聞いた翌日から、「1ヶ月に100冊本を読む」をやってみました。   結果として、(とりあえず一ヶ月は)達成できたのですが、 「どういうところが苦しいか、難しいか」「楽しいか」 は、やってみて初めてわかったことが色々とありました。 以前に日垣さんに「極端なことをする人にノウハウが貯まる」と言われたとおりです。   本日は私が「1ヶ月100冊読書」を行うに当たり、 気がついたことなどを記していきたいと思います。   まず、ここが難しいだろうな…と最初は思ったところ 「本を読むスピード」ですが、これはさほど問題にはなりません。 勝手に早くなります。 毎日ランニングをやっていると心肺機能が上がるようなものでしょうか。   また、 「本を読むペース」ですが、 1ヶ月といいますと30日ですが、必ず「読めない日」がありますので、 「1日4冊本を読む」ように心がけてやってみました。 それでも飲みの日が続くと、「溜まっていく」んですよね。あたかも通信教育の教材のようです。 土日に消化も難しい(8冊読んでも+1日分に過ぎませんから)ので、これはコツコツ読んでいくしかないですね。 ここで役に立ったのが、twitterです。 読んだ本をtweetしていったのですが、何冊読んだかの整理だけでなく、 (月に100冊読むよ、と宣言していましたので、) 「ちゃんと読んだか見られている」という観客効果で、何とか読めたと思います。 また、ほぼ同時に「私もやります」と言ってくださった方がおられたので、 まるでマラソンの集団の中にいるように 仲間意識で、孤独感を感じずに読み進めたことが良かったとも感じています。 (本を読む、という行為は基本的に孤独なものですので…。)   達成するにあたって、 「一番苦しかったこと、困ったこと」としては、 実は読むこと自体ではなく「本を揃える」ことでした。 「積ん読が増えるなぁ」などと普段うそぶいていたところで、 例えば10冊の本があってもそれは2日半分でしか無いわけです。 日に4冊とすると週に28冊の本を揃える必要があるわけですが、 本は重い!よほど品揃えのいい本屋で買いあさっても、持って帰る限度があるわけです。 このあたり、ネット通販(Amazonなどですね)と、図書館が役に立ちました。 (大阪市図書館は8冊までしか貸してくれないのですが、うちの校区には本屋がありません。一番近い本を仕入れる場所は、図書館となるわけです。校区内で読む本を仕入れるには、図書館しか無いわけです…情けない…これではとても子供に本を読めなんて言えませんね。)   また、良かったことは 「色々なジャンルの本を読むようになった」 ことです。 例えば年間100〜200冊の読書量ですと、 好きな作家さんの新刊を追っていくだけでその数に達しますので、 新しい方の本を読もうという「冒険」をする必要がないわけです。 ところが、月100冊となると、それだけではとても足りませんので、 いつもは読まない本でも貪欲に読まないと「足りない」のです。 おかげで、この間に色々と普段読まないような古典、哲学書からビジネス書まで 「読書の幅が広がった」と実感しています。     さて、   このまま1ヶ月100冊読書を続けていけば、1年後10年後は 今までの私との読書経験は雲泥となるのでしょうが… 実はこれを実施したのが8〜9月でして、 今はそれほどのペースでは読んでいません。 やはり「やろうと心がけないと」読める量ではないような気がします。 しかし確かに「極端なことをするとノウハウが貯まる」は仰る通りです。 皆さんも一度やってみてはどうでしょうか? 本の内容だけでなく、色々な新しい知見が得られると思います。
    | 日記 | 03:10 | comments(2) | - | - |
    1ケ月100冊 読ませていただきました。 「100冊読んで気付いたこと」に書かれていたこと 本当に勉強になります。 読むこと自体でなく揃えること、と書かれていますが 100冊読もうとしないと、確かに分からないことですね。 先生は歯医者さんなので、時間的制約もあっての100 冊ですよね。読む時間の確保も大変だと思いました。 私、医療従事者です。が患者さんが来ない時間と眠る までの時間で1月多くて8〜9冊です(笑)見習って、もう 少し頑張ってみようと思います。 因みに、滋賀県大津市立図書館は1回15冊借りることが できます。(必要ない情報でした)
    | Yoshimi | 1970/01/01 8:59 AM |

    コメントありがとうございます!100冊はかなり極端で、私も今はやっておりませんが、やはりやってみて分かることというのはありますね。今後ともよろしくお願いいたします!
    | hatahira | 1970/01/01 8:59 AM |