はたひら歯科HP
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

はたひら歯科

〒537-0013
大阪市東成区大今里南2-7-16
片江小学校正門向かいの歯医者です
(TEL)06-6973-8217
<< わくわくマタニティスクール | main | 東成区図書館、ホール完成間近! >>
産経新聞「口内ケアでインフル退治」
0
    本朝の産経新聞に 「口内ケアでインフル退治」 という記事が掲載されました。   内容としては 口の中をキレイにしていると ウイルスに罹患しやすくなる酵素を出す細菌が減って ウイルスに感染しにくくなる。 というモノです。   お口の健康が全身の健康につながるということは これに限らず色々と言われていますが、 これからインフルエンザの流行期をむかえます。 インフルエンザ予防のためにも お口を清潔に!いたしましょう。
    ■細菌減少→感染予防に効果  口内ケアがインフルエンザ対策に有効との認識が広まったきっかけは、平成18年に東京歯科大の奥田克爾(かつじ)教授(当時)=口腔(こうくう)細菌学=らが発表した論文「口腔ケアによる細菌性酵素活性の減少とインフルエンザの感染予防」だ。介護施設の高齢者を対象に、口内ケアを実施した98人と、実施しない92人のインフルエンザ発症を調査。後者の発症が9人だったのに対し、前者の発症は1人だけだった。  口やのどに存在する細菌はプロテアーゼやノイラミニダーゼなどの酵素を生産する。プロテアーゼは口やのどの粘膜を守る層を破壊し、ウイルス感染しやすくする。ノイラミニダーゼはウイルスの細胞から細胞への感染を助長する。口内ケアで、これらの酵素を生産する細菌を減らすことができるという。
    | 予防 | 08:12 | comments(0) | - | - |