はたひら歯科HP
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

はたひら歯科

〒537-0013
大阪市東成区大今里南2-7-16
片江小学校正門向かいの歯医者です
(TEL)06-6973-8217
<< 東成区民ホール(図書館)エレベーターの裏技 | main | Mac Book Airを買いました >>
甲野善紀先生 大阪講習会に参加してきました/虎ひしぎ
0
    私は2年ほど前から遊武会・石田先生に古武術(武術操身法)をご教授いただいています。 一昨日の平成23年3月6日(日)に、石田先生のお世話で、 甲野善紀先生 大阪講習会 が行われたので参加させていただきました。
    甲野善紀先生は松聲館を主宰されている高名な武術研究家で、 古武術に関する著書なども多数書かれておられます。(wikipedia) 甲野善紀先生大阪講習会には、私は2回目の参加なのですが、 前回今回と甲野先生が研究された「技と術理」を間近で見せていただきながら、 何度か甲野先生に直にその術理を体感させていただく、 という形式で講習会はすすめられました。 しかしながら修行をしていない私の目には 甲野先生の術理は眼の前で見ても 「え?今の何?」 と「何が起こっているのか」理解することすら難しいのです。 高度に発達した文明技術か魔術を見せられているようなもので、 ブッシュマンが携帯電話を見せられたときの反応と同じ反応を 返していたと思います。 (コーラの瓶程度ならまだそれなりに理解できたんでしょうけど。) そのブッシュマン的「感想ブログ」ですので、 間違いも多かろうと思います、ご容赦を。 さて、一昨日の講習会では色々な「驚き」に出会ったのですが、 そのなかで一つ、 「奥義の伝授なんて一瞬なんだよ」 と言っておられたのが「虎ひしぎの手の形」です(google検索)。 「この手の形をしただけで、体が長方形にまとまるんだよ。」 と仰られて、大の男が二人がかりで足を止めようとするのを 引きずってスイスイと歩いて行かれます。 「え?今の何?」 自分でやってみると、確かに肩甲骨が体幹にまとまる …ような気がする… 程度です。 あまりにも不思議だったので、甲野先生に 「肩を触らせてください」とお願いし、 (「いいよ〜」と気軽なノリにソッチも驚きです) 「ハイ」とやってみせていただいたところ 「か、肩が無くなった!?」と驚愕するほど、 肩関節がキュっと動いたのです。 「まぁ個人差もあるだろうからね、 それで私はたまたまこの形というのを見つけた。 それぞれ指の角度とか違うかもしれないから、やってみりゃいいよ。」 「両手じゃなくて片手でも効果はあるよ。」 と仰られたので、ここ2日ほど記憶を頼りにやってみているのですが、 確かに「体がまとまる」気がいたします。 実はちょっと抜きにくい歯の抜歯治療中に 虎ひしぎの手の形を左手で作ってみました。 作業手である右手ではもちろん出来ないんですけど、 それでも、左手でこの手の形を作ると、 バラバラになりかけている体幹がキュっとまとまる感じです。 上がりかけていた右肩がすっと落ちて、 「やりやすく」なり、「あ」と思ったときには抜けていました。 もちろん甲野先生のような劇的な動きではないのですが、 「意識して肩甲骨を動かす」きっかけとして、とても良いように思えました。 今日明日から日常に使える古武術的操身法! 素晴らしい!と感激です。 甲野先生、ありがとうございました。
    | 日記 | 08:03 | comments(0) | - | - |