はたひら歯科HP
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

はたひら歯科

〒537-0013
大阪市東成区大今里南2-7-16
片江小学校正門向かいの歯医者です
(TEL)06-6973-8217
<< 柴島浄水場水道原水の放射能測定結果 | main | 被災地の子どもたちにランドセルを贈る「絆プロジェクト=みんなで伊達直人」  >>
協和さんが被災地向けランドセルの受け入れを開始
0
    以前お知らせした「がんばれ!被災地のこどもたち!!みんなでランドセルを贈ろう!」プロジェクトの件で、協和さんが被災地向けランドセルの受け入れを開始しました。 募金なども募集しております。詳しくはリンク先でお調べください。
    1.ランドセルについて 通常の形状のランドセルで、色は、黒、紺、赤、ピンク系のみ受付させていただきます。 多少の傷み、汚れは工場で手直しして、きれいにしますが、余りに損傷が激しいものは、ご遠慮ください。 他社メーカーの物も受け付けます。ただし、修理ができない場合がございますので、状態の良好なものに限りお送りください。 校章の入っているものはご遠慮させていただきます。 ランドセル以外の物資につきましては、お手紙のみ承らせていただきます。 ※なお、文具をお寄せ頂ける場合は、NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所にて寄付活動をおこなっております。  詳細につきましては、下記URLをご確認下さい。  http://rise.gr.jp/archives/2000 2.送り方 1個の場合、ビニール袋など簡単な梱包で結構です。 (被災地にお送りする際には、工場で新しい化粧箱に入れ替えます。) 郵便、宅急便などお送り頂く方法は何でも結構ですが、誠に恐縮ですが送料はご負担いただきたくお願いいたします。 千葉工場への直接のお持込みは、平日10:00〜17:00に限り受け付けております。 お持込み頂く前に、03−3866−7478へ必ずご連絡下さいます様お願いいたします。   【ランドセル送り先】   〒270−0213   千葉県野田市桐ヶ作512   株式会社 協和 千葉工場 「がんばれ被災地の子供たち」係 宛   TEL:04−7196−1811   ※ こちらへのお問い合わせはご遠慮ください。   必ず下記のお問い合わせ先へお願いいたします。 ※送り状の隣もしくは目立つところにも、【 「がんばれ被災地の子供たち」係行き 】と大きな文字で箱に記載、もしくは大きな文字を書いた紙を貼り付けていただけますよう、お願いいたします。 ※ご協力の募集期限につきましては設けておりません。状況に応じて随時このページにてお知らせいたします。
    | 地震 | 06:03 | comments(3) | - | - |
    中学校でまとまった数のランドセルを集めたいと思うのですが、まだ受け付けていただけますか ?これから動くので少し先になってしまうのですが。
    | 田辺知之 | 1970/01/01 8:59 AM |

    返事がとても遅くなりました。 ニュースで知ったのですが、協和さんはすでに十分な数のランドセルを用意し、現在は補修されずに被災地に送られたランドセルの補修活動を行っているそうです。 協和さんは企業としてとても尊敬する活動をされていると思います。 私も、このような自分の専門性を活かし、臨機応変な行動が出来れば、と思います。
    | admin | 1970/01/01 8:59 AM |

    突然のご案内失礼致します。 ランドセル回収に当たっては、大変なご協力を頂き、まことにありがとうございます。 現在、約1万本のランドセルが回収され、工場は一時的にパニックに陥っていますが、 数日で回復できると思います。 さて、重ねてのお願いがございます。 今度は、ランドセルを必要としている子供たちへの呼びかけです。 私どもは、震災地の公共機関、教育委員会などと連絡を取り合っておりますが、 被害が大きな地域(集中して多くのランドセルを必要とするであろう地域)は、まだそれどころではないと言う状況のようです。 ただ、地域によってはかなり復旧している地域もあるようですが、県や市と言った大きな単位の公共機関ではその辺の情報が取れません。 また、被害にあわれた家族が他県に疎開して、その子供たちがランドセルを必要としているケースもあります。 私どもでも、市川市や、横浜市などでそのようなケースを発見しましたが、被災地ではなく、また人数も少ないことから ほとんど忘れられてしまっているようです。 被災地域の学校単位への案内や、全国に散らばりつつある被災地の子供たちに、呼びかけるお手伝いをお願いできないでしょうか? 何卒ご協力頂ければ幸いです。 ご必要されている方のご状情報につきましては ganbare@kyowa-bag.co.jp へ是非ご提供下さいます様、 何卒心より御願い申し上げます。 http://fuwarii.com/charity/receive.html こちらに詳細もございますので、あわせてご確認、ご案内頂ければ幸いです。
    | 株式会社協和 広報課 | 2011/03/30 12:03 PM |