はたひら歯科HP
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

はたひら歯科

〒537-0013
大阪市東成区大今里南2-7-16
片江小学校正門向かいの歯医者です
(TEL)06-6973-8217
<< 歯間ブラシ、フロスを使おう! | main | フロスと歯間ブラシは実は清掃部位が違います! >>
おやつは時間を決めて
0
    「子供のおやつは時間を決めて与えましょう」
    は健診や歯医者でよく聞く話だと思います。

    虫歯の原因は
    虫歯菌に栄養(食物、特に砂糖が大好き!)を与えると酸を出し、歯を溶かす
    ことにあります。

    ですので、
    1>歯ブラシなどで出来るだけ虫歯のコロニー(プラーク)を取り去り、
    2>フッ素で歯を強くして溶かされにくくし、
    3>虫歯菌に栄養を与える時間を短くする
    ことが虫歯予防に大切なのです。

    大切さ度合いは
    3>2>1
    ですね。
    歯ブラシが一番ではありません!
    いくら歯ブラシをし、フッ素を使っていても、おやつやジュースの取り方が悪い(ちょいちょい飲み食いする)と、虫歯を防ぐことは出来ません。

    子供(に限らず大人も、なのですが)の歯の健康のためには、「虫歯菌に食べ物を与えない時間」をできるだけ長くすることが必要です。
    食事は3度ですが、これに加えて、おやつが1回、ぐらいならば大丈夫でしょう。

    ですがここに
    おやつを度々食べる、
    ジュースをちょいちょい飲む(⇠これ最悪)、
    などを行うと、虫歯菌は大変元気になって、歯を溶かす酸を元気に出します。

    私たち人間も
    週に1回、沢山ごはんを食べるのと
    毎日3回、適量ごはんを食べるのと
    どっちが元気になりますか?

    虫歯菌も同じです。

    できるだけ虫歯菌がひもじい時間を長くして、酸を出す元気をなくすようにしましょう!






     
    | 予防 | 12:30 | comments(0) | - | - |