はたひら歯科HP
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

はたひら歯科

〒537-0013
大阪市東成区大今里南2-7-16
片江小学校正門向かいの歯医者です
(TEL)06-6973-8217
| main | 訪問歯科診療 >>
コア(土台)の上に被せ物をつくります!出来上がりではありません!
0
    かぶせもの 以前に保険の被せ物をご紹介させていただきましたが、歯の崩壊がひどい場合、そのまま作成というわけにはいきません。 根管治療という治療(この治療については後日説明させていただきます)を行ったあとに被せ物を作成する場合などには、コア(土台)を作成して被せ物をつくります。 core-01 歯の崩壊がひどい場合、この「残った歯に被せる」のは難しくなります。 根が残っている場合には、根にコア(土台)を建てて、その上に被せを作ることになります。 core-02 根にあいた管である根管を利用して、金属などでコアを作成します。 メタルコア コアをセットし、この上に被せ物をつくります。 コアの状態はあくまで「土台」ですので、前後の歯、かみ合わせの歯の間には空隙をあけてあります。 決して完成ではありません! 「銀色のが入ったから終わりやと思った」と言われることがたまにあるのですが、被せ物をセットして完成ですので、まだ治療は途中でかむことはできませんし、この状態で放置しておくと象牙質が露出しているところもあり、非常に虫歯のリスクが高く危険です。 このあたり、よくお話を聞いて欲しい…と思うところです。
    | 補綴 | 08:59 | comments(0) | - | - |